京つう」はみんなで作る京都ブログマガジンです

2019年08月21日

築400年 京都の町家 コリビング/コワーキング施設 苔香居オープン!

文化庁登録有形文化財に指定された苔香居(たいこうきょ)でコリビング/コワーキング

京都 上桂にて町家Coliving/Coworking施設 苔香居(たいこうきょ)を9/1からオープンします
働きながら旅をする外国人デジタルノマドや、リモートワークをするビジネスマンを中心に、快適に働きながら住める環境を用意しています。

Coworking 施設はドロップインと月額利用が可能です。
Coliving施設は最低一ヶ月からの滞在が可能です。
両施設とも初月割引を用意しています(利用料最大50%オフ)。
合同会社achicochi (代表:山本 茜 / 土井 優紀)は、京都 上桂でコリビング/コワーキング施設 苔香居(たいこうきょ)を2019年9月1日にオープンいたします。

▼苔香居 https://achicochi.life/kyoto-taikoukyo-coliving-japanese/



■提供の背景
昨今、リモートワークやテレワークといった文脈で、自分の気に入った土地で暮らしながら働く人たちが増えています。
特に一部の欧米人の中では、Web上で仕事をしながら自国外で生活を送るライフスタイルが当たり前になってきています。
ところが、そうした方々が日本で「住みながら働き、人の繋がりを得る=コリビング」ために必要な施設は多くありません。
この度、公益財団法人 京都・景観まちづくりセンターに紹介頂き、築400年の町家 苔香居(たいこうきょ)をコリビング/コワーキング施設として活用することになりました。

■概要
苔香居住所: 
働く空間と住む空間の二つを用意しています。

働く空間 : 苔香居 コワーキング
高速WiFiや会議室、ワークデスクなど快適に働ける設備を整えた町家になります。
こちらはコワーキング施設としても公開しており、滞在していなくともドロップインや月額利用出来ます。



住む空間 : 苔香居 コリビング レジデンス
苔香居コワーキングから徒歩5分のところに住居を用意しています。



公式オープン日:2019/9/1
URL: https://achicochi.life/kyoto-taikoukyo-coliving-japanese/

■今後の展開
9/1 : 苔香居オープニングパーティ https://www.facebook.com/events/507079716766860/
9/16 : そば打ちイベント https://www.facebook.com/events/671971743322132/
10月初頭 : マインドフルネス/メディテーションイベント


■会社概要
会社名 : 合同会社achicochi
代表 : 山本 茜 / 土井 優紀
所在地 : 京都府向日市寺戸町乾垣内5番地の2Fespa京都406
設立 : 2019年2月14日
事業内容 : コリビングにまつわる施設、Webサービスの提供
URL : https://achicochi.net


■本件に関するお問い合わせ先
組織名 : 合同会社achicochi
担当者名 : 土井 優紀
TEL : 09020431754
Email : y.doi@achicochi.net

  


Posted by 京つうイベントブログ  at 08:58文化・芸術

2019年08月01日

『「500色の色えんぴつTOKYO SEEDS」を使ってオリジナル缶バッジを作ろう!』が開催

京都国際マンガミュージアム×FELISSIMOの夏休みイベント『「500色の色えんぴつTOKYO SEEDS」を使ってオリジナル缶バッジを作ろう!』が開催(8月1から、9月1日まで)

「令和」最初の夏休みの思い出のひとコマを京都国際マンガミュージアムで

京都国際マンガミュージアム×フェリシモのコラボで、8月1日~9月1日まで、フェリシモ「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS(トウキョウ シーズ)」を使ってオリジナル缶バッジを作るワークショップが、京都国際マンガミュージアムのイベントスペースで開催されます。フェリシモの「500色の色えんぴつTOKYO SEEDS」やペンを使って絵を描き、専用の機械で缶バッジにします。機械はスタッフが取り扱いますので、お子さまでも安心して参加いただけます。オリジナルの絵柄もご用意してあるので、色を塗ったり、メッセージを描いたりするだけでも楽しく、絵が苦手という方でも作れます。オリジナルの漫画やキャラクターなど、あなただけの缶バッジを完成させるのも◎。(体験時間の目安:約20分、先着順随時受付)同館ミュージアムショップで、「500色の色えんぴつTOKYO SEEDS」の販売も行われます。
京都国際マンガミュージアム×フェリシモのコラボで、8月1日~9月1日まで、フェリシモ「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS(トウキョウ シーズ)」を使ってオリジナル缶バッジを作るワークショップが、京都国際マンガミュージアムのイベントスペースで開催されます。フェリシモの「500色の色えんぴつTOKYO SEEDS」やペンを使って絵を描き、専用の機械で缶バッジにします。機械はスタッフが取り扱いますので、お子さまでも安心して参加いただけます。オリジナルの絵柄もご用意してあるので、色を塗ったり、メッセージを描いたりするだけでも楽しく、絵が苦手という方でも作れます。あなただけの缶バッジを完成させてください。(体験時間の目安:約20分、先着順随時受付)同館ミュージアムショップで、「500色の色えんぴつTOKYO SEEDS」の販売も行われます。


◆ワークショップの概要
『「500色の色えんぴつTOKYO SEEDS」を使ってオリジナル缶バッジを作ろう!』
・開催日時:2019年8月1日(木)~9月1日(日) 各日13:00~17:00(最終受付:16:30)
※8月3日(土)、8月4日(日)は本ワークショップの開催はございません。8月28日(水)は休館。
※随時受付。(体験時間の目安:約20分)
※事前予約不要。
※満席の場合はお待ちいただく場合があります。
・会場:京都国際マンガミュージアム 1階 吹き抜けホール
(京都市中京区烏丸通御池上る)アクセス>>  https://feli.jp/s/pr19042302/1/
・ワークショップの詳細:オフィシャルサイト(www.kyotomm.jp)>> https://feli.jp/s/pr190729/2/
・料金:参加費300円(お一人1個を制作)(材料費・税込み)
※京都国際マンガミュージアムの入場料[大人800円、中高生300円、小学生100円]が別途必要です。
・対象:小学生以上
※小学生は保護者同伴にてご参加をお願い致します。
・定員:12席(先着順・順次入替り)
※参加ご希望の方は、当日会場までお越しください。
※満席の場合はお待ちいただくこともございます。
・主催:京都国際マンガミュージアム、株式会社フェリシモ


◆京都国際マンガミュージアムのミュージアムショップで「500色の色えんぴつTOKYOSEEDS」を販売
カタログやWEBでしか見られない「500色の色えんぴつTOKYOSEEDS」が手に取ってお買い求めいただけます。20色が1セットになった25種類のセットの中から、一部のセットが販売されます。
・京都国際マンガミュージアムのミュージアムショップ情報>> https://feli.jp/s/pr190729/3/


◆フェリシモ「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」
1992年に誕生して以来、世界55ヵ国で11万セット以上販売し、多くの方々に愛されているフェリシモの『500色の色えんぴつ』第4世代にあたるモデルです。今作は、日本製にこだわり、デザインや使い心地、色の名前を一新しました。繊細な色彩や、美しい発色、滑らかでやわらかな描き味には、東京の色えんぴつ職人の技術と感性が光ります。絵画のように飾って楽しむのはもちろん、塗り絵やコロリアージュ、イラストや作品づくりに適したやわらかな使い心地です。
・オフィシャルサイト>> https://feli.jp/s/pr190729/4/


「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」は、このたび国際的なデザイン賞である「Red Dot Design Award 2019(以下、レッドドット・デザイン賞)」のプロダクトデザイン部門で最優秀賞「best of the best(以下、ベスト・オブ・ザ・ベスト)」を受賞いたしました。RED DOT公式サイト(www.red-dot.org)>> https://feli.jp/s/pr190729/5/


◆通信販売ついてお電話でのご注文・お問い合わせ
0120-055-820 (通話料無料)
0570-005-820 (通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜~金曜/午前9時~午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき10円(税別)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。

【夏季休業によるお問い合わせ・お申し込みについて】
勝手ながら 8月10日~14日までお休みをいただいております。お問い合わせにつきましては15日以降お返事をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。>> https://feli.jp/s/pr190810/1/

~ともにしあわせになるしあわせ『FELISSIMO [フェリシモ]』~
― 会社概要 ―
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0035 神戸市中央区浪花町59番地
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業
◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr190501/1/
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr190501/2/
◆みなさまとともにしあわせ社会をめざす基金活動>> https://feli.jp/s/pr190501/3/
  


Posted by 京つうイベントブログ  at 17:04イベント文化・芸術

2019年07月05日

凸版印刷と障がい者アート協会、『可能性アートプロジェクト2020』の障がい者アート作品募集を開始

「無限の可能性、才能」をテーマとした障がい者アート作品の価値化を通じて、社会的課題解決と経済的利益を両立するビジネスモデルの構築と次世代型人財開発を推進
凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿秀晴、以下 凸版印刷)と一般社団法人障がい者アート協会(所在地:埼玉県入間市、代表理事:熊本豊敏、以下 障がい者アート協会)は、障がい者アート協会が運営するオンラインギャラリー:【アートの輪】において、『可能性アートプロジェクト2020』で使用するアート作品の募集を2019年7月5日(金)より開始します。

 『可能性アートプロジェクト』は、2018年より「障がい者の自立支援」と「企業の人財開発」を組み合わせた新たな試みとして推進しています。凸版印刷の持つ「印刷テクノロジー」を活用し、障がい者アーティストの作品を価値化、社会的課題解決(障がい者の自立)と経済的事業活動が両立するビジネスモデルを構築することを目指す取り組みです。また、そのビジネスモデルの構築を凸版印刷の企業研修のプログラムとして採用し、次世代リーダーの育成にも活用しています。

 これまでの実績としては、障がい者アートを紙製飲料缶「カートカン」や卓上カレンダーへの作品展開、AR技術による付加価値化などがあります。また、入社式に合わせた障がい者アーティストの作品展示会開催と研修でのアート作品の活用、さらに、京都長楽寺(所在地:京都府京都市、住職:牧野純山)での展示会開催、出雲で実施された国際チャレンジドアートエキスポへの出展など、障がい者アーティスト作品の認知向上にも積極的に取り組んでいます。
 今回、応募された作品は、障がい者アート協会が運営する「障がい者の描いた作品公開に特化した日本で唯一のオンラインギャラリー:【アートの輪】」に設ける特設ページにて全作品掲載されるとともに、そのうち30作品はプリマグラフィにより額装され、2020年4月の凸版印刷入社式に合わせて、トッパン小石川ビル(所在地:東京都文京区)のロビーにて約1か月間展示される予定です。また、展示会終了後は、京都や出雲で開催される展示会への出展や様々な商品への活用も検討していきます。

 凸版印刷と障がい者アート協会はこれをはじめに今後も、両者の強みを生かしながら、社会的課題解決と経済的利益が両立するビジネスモデルを構築することで、障がい者アーティストの自立支援の拡充と、そのプロセスを通した次世代リーダーの育成を推進していきます。

アート作品の価値化事例(左:卓上カレンダー、右:紙製飲料缶「カートカン」)アート作品の価値化事例(左:卓上カレンダー、右:紙製飲料缶「カートカン」)

 

2019年可能性アートプロジェクト展の様子2019年可能性アートプロジェクト展の様子


■『可能性アートプロジェクト2020』 アート作品募集概要

 

テーマ 無限の可能性、才能
募集期間 2019年7月5日(金)から2019年11月29日(金)
募集概要URLhttp://u0u0.net/0MX4
応募方法 下記、「可能性アートプロジェクト2020」エントリーフォームURLよりエントリー URL:https://forms.gle/y7nu2ZVntB19bKCz6
対象作品 絵画、CG (立体作品、写真、文字、書、詩歌は対象外)
作品点数上限なし
作品サイズ指定なし
画材、素材 指定なし
備考 「アートの輪」に登録済みの作品も応募可能 2019年12月下旬に、「2020年度 可能性アートプロジェクト展」展示作品を決定予定


 以 上

  


Posted by 京つうイベントブログ  at 06:07イベント文化・芸術

2019年06月06日

京都新聞創刊140年記念 2019国立ボリショイサーカス 京都公演


BOLSHOI CIRCUS International Inc. all rights reserved


京都新聞創刊140年記念 2019国立ボリショイサーカス 京都公演の紹介


人と動物が繰り広げる究極のサーカス

ボリショイサーカスの2019年公演。疾走する馬上のアクロバット「ジギト」をはじめ、熊・犬・猫といった動物サーカス、ポール・アクトや空中ブランコなどの高度なアクロバット演技の数々。大人も子どもも一緒に楽しめる、ファミリーエンターテイメントの決定版。5月13日(月)10:00より一般発売。



詳細情報


京都新聞創刊140年記念 2019国立ボリショイサーカス 京都公演

開催場所の住所京都府京都市北区大将軍西鷹司町6-2

交通JR「円町」駅下車、北へ600m

開催日時2019-7-20(土)~2019-7-23(火) 11時00分~14時00分
※ 詳しい開催日は、【開催日時詳細】にて必ずご確認ください。

場所 島津アリーナ京都(京都府立体育館)

料金 指定席:前売料金4,400円、当日料金4,900円(大人・子ども同一料金、3歳以上有料)

オフィシャルサイト http://www.bolshoi.jp/




  


Posted by 京つうイベントブログ  at 16:31ツアー文化・芸術

2019年04月03日

美術館「えき」KYOTO  KABUKI藤十郎と仁左衛門 篠山紀信写真展

歌舞伎と写真の神様が降りてきた。篠山紀信は現代の浮世絵師。
1960年代から活躍し、日本を代表する写真家・篠山紀信。2017年には、40年以上にわたり撮り続けた自らの歌舞伎写真の集大成『KABUKI by KISHIN』(光村推古書院刊)を発表し、国内外で高い評価を得た。



(左)四代目 坂田藤十郎 (右)十五代目 片岡仁左衛門  舞台製作:松竹株式会社

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019 アソシエイテッド・プログラムとして開催する本展は、京都に縁ある歌舞伎界の二大巨頭、四代目 坂田藤十郎と十五代目 片岡仁左衛門の舞台を、迫力あるカメラワークで捉えた写真を展示する。名歌舞伎俳優が演じる舞台に、歌舞伎の神と写真の神が降臨した刹那を活け撮りにした奇跡の一瞬。緊迫感のある張りつめた写真の数々。篠山紀信が撮り続ける「歌舞伎の美」をぜひご堪能いただきたい。
※出展数は約40点の予定。

●会場美術館「えき」KYOTO

●日時2019/4/12(金)~5/6(月・振休) 会期中無休
10:00~20:00 ※入館は閉館の30分前まで。但し、開館時間は百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。

●住所京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
交通JR京都駅下車すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接

●駐車場あり
(京都駅ビル駐車場1,250台 最初の1時間600円以降20分ごとに200円 ジェイアール京都伊勢丹にて5,000円以上お買い上げのお客さまは2時間無料)

●料金一般900円(700円) 高・大学生700円(500円) 小・中学生500円(300円) 
( )内は前売、「KYOTOGRAPHIEパスポート」をご提示のご本人さま、および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名様の料金

●お問合せ先075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)

●ホームページ美術館「えき」KYOTO http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

●前売販売期間:2019年3月16日(土)~4月11日(木)。
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード769-593)、ローソンチケット(Lコード52071)など。  


Posted by 京つうイベントブログ  at 08:11イベント文化・芸術