京つう」はみんなで作る京都ブログマガジンです

2018年01月16日

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢





1853年にオランダに生まれたフィンセント・ファン・ゴッホは、1886年にパリに移り、この地でさまざまな刺激を受けながら、自らの絵画表現を模索していきます。そこで大きな役割を果たしたものが、日本の浮世絵でした。ファン・ゴッホは、浮世絵をはじめとする美術作品や日本を紹介した文章を租借しながら、独自の日本のイメージを醸成し、1888年には、芸術家たちの共同体を作ろうと南仏のアルルへ赴きました。大いなる期待を胸に訪れたこの地を、彼はしばしば日本と重ね合わせています。
ファン・ゴッホにとって日本は、創意の源であり、夢にまで見た理想郷だったのです。

1890年、ファン・ゴッホはパリ近郊のオーヴェール=シュル=オワーズで亡くなります。その後、今度は日本人がこの画家を賞賛し、理想化するようになりました。

ファン・ゴッホが最晩年に交友を持ったオーヴェールの医師ガシェの一族のもとには、3冊の芳名録が残されていました。そこには、1920年代に憧れの画家の終焉の地を訪れ、その足跡をたどった日本の画家や文学者たち240名あまりの署名が記されています。

この展覧会では、ファン・ゴッホと日本との相互の関係に2部構成でスポットをあてます。


●開催期間2018年1月20日(土)~2018年3月4日(日)
●時間午前9時30分~午後5時、金・土曜日は~午後8時(入館は閉館30分前まで)
●休館日月曜日、ただし2月13日(火)は休館(2月12日は開館)
●会場京都国立近代美術館
京都市左京区岡崎円勝寺町
●ホームページhttp://gogh-japan.jp/
●料金一般1500(1300)円、大学生1100(900)円、高校生600(400)円、中学生以下無料
●お問い合わせ075-761-4111
●主催/後援など主催:京都国立近代美術館、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿、京都新聞
●後援:外務省、オランダ王国大使館
●協賛:損保ジャパン日本興亜、タキイ種苗
●協力:KLMオランダ航空、日本航空
●企画協力:ファン・ゴッホ美術館
●備考
※かっこ内は前売り券および団体(20人以上)
※本料金でコレクション展もご覧いただけます
※心身に障害がある方とその付添者1名は無料(要証明)
※前売り券は京都新聞文化センター、各コンビニエンスストア、チケットぴあ他にて1月19日(金)まで販売  


Posted by 京つうイベントブログ  at 12:15イベント文化・芸術展覧会

2017年12月25日

相国寺 金閣 銀閣の名品より 山水―隠谷の声 遊山の詩



相国寺 金閣 銀閣の名品より 山水―隠谷の声(いんこくのこえ) 遊山の詩(ゆさんのうた)

相国寺の開山国師・夢窓疎石は「父にはぐれた流浪の子には財産などなく、ただ渓に山、雲に月だけがわが家宝」と中世の山水観を遺しました。また近世、鹿苑寺(金閣寺)の住持・鳳林承章は、山に遊び、水を愛でること、まさしくそのなかに無言の真理はあると、優美な山水観を詠みました。展覧会では相国寺、金閣、銀閣の名品群から、「山水」をテーマにした約80点(国宝1点、重要文化財7点を含む)を一堂に会します。中世から近世へと変わりゆく山水観、また自然と人との関わり、そして古来ひとびとが山水に託した想いなどを、絵画、墨蹟、工芸品のなかにたずねます。


●日程
2017年12月16日(土)~2018年3月25日(日)

●時間
10時~17時(入館は16時30分まで)

●日程
会期中無休
但し12月27日~1月5日まで年末年始休館

●料金
一般800円、65歳以上・大学生600円、中高生300円、小学生200円
※一般の方に限り、20名様以上は100円団体割引

●場所
相国寺承天閣美術館

●アクセス
▼交通アクセス
▼ JR京都駅より
 京都市営地下鉄今出川駅下車 3番出口から徒歩8分
▼阪急電車烏丸駅より
 京都市営地下鉄今出川駅下車 3番出口から徒歩8分
▼京阪電車出町柳駅3番出口より徒歩20分、または市バス
 市バス59・201・203 号系統同志社前下車 徒歩6分
 市バス102号系統(洛バス)烏丸今出川下車 徒歩8分

●問い合わせ先
TEL 075(241)0423 / FAX 075(212)3585

●公式Web
http://www.shokoku-ji.jp/top.php  


Posted by 京つうイベントブログ  at 10:03神社・仏閣イベント文化・芸術

2017年12月01日

京都イルミエール 2017年10月28日(土) ~ 2018年1月8日(月祝)



曲がりくねった山道の先に、突然現れる光の饗宴。それが京都イルミエールです。
京都府南丹市園部町西南部の山中にあり、るり渓の豊かな自然を臨む『るり渓温泉ポテポテパーク』。
その全域に、この夢の国を開いて今年で5年目となります。
光は希望。美しさは癒し。地域の元気の源となり、訪れる人の心の癒しとなることを祈っております。
大切な人と何度でも京都イルミエールの門をくぐってください。天空の森でお待ちしています。


●2017年10月28日(土) ~ 2018年1月8日(月祝)
京都イルミエールの開催期間中は、休みなく営業いたします。また、雨天も関係なく営業いたします。

●営業時間
17:00 ~ 21:00(20:30 受付終了)
点灯は日没後となります。
開場時刻は日没時刻に伴い変更する場合がございます。

●入場料金 (当日券)
大人:1,000円 ※土日祝及び1/2,1/3は1,200円 クリスマス期間12/23,12/24,12/25は1,500円
小人:500円 ※土日祝及び1/2,1/3は600円 クリスマス期間12/23,12/24,12/25は750円

こども料金の対象は、4歳以上小学生以下です。
会場でもチケットを販売しておりますが混雑が予想されますので、事前のチケット購入をおすすめいたします。
クリスマス期間は当日券の販売はございません。
ローソン、ミニストップ、セブンイレブンか近隣ホテルの宿泊プランをご利用ください。


●無料駐車場(700台)があります。
土・日、祝祭日は、大勢のお客様で混雑する事が予想されますので、公共交通機関をご利用くださいますようご協力をお願いいたします。日生中央駅、或はJR園部駅周辺のコインパーキングに停めていただき、無料送迎バスでご来場ください。お車でご来場の際は、駐車場周辺でお待ち頂く事もございますので、ご了承ください。また、駐車場周辺で、ゴミを路上に捨てるといった行為もおやめ下さい。

●ペット同伴
ペットと一緒にお楽しみいただけます。
ただし、お客様の中には動物が苦手な方、アレルギーのある方などもいらっしゃいます。 飼い主の方はリードを短く持つ、キャリーバックに入れるなど十分配慮の上、ペットをお連れ下さい。 また、排泄物は必ずお持ち帰り下さいますようにお願いいたします。

●住 所
京都イルミエール会場「るり渓温泉ポテポテパーク」
〒622-0065 京都府南丹市園部町大河内広谷1-14

●アクセス
お車でお越しの方

京都方面 千代川ICより約35分
大阪方面 池田木部第2出口より綾部・福知山方面へ45分
電車でお越しの方

京都方面 JR京都駅から約1時間(山陰本線快速で園部駅下車 約35分 。園部駅から無料送迎バス 約30分)
大阪方面 阪急梅田駅から約1時間30分(阪急宝塚線で川西能勢口乗換、能勢電鉄 日生中央駅下車 約50分。日生中央駅から無料送迎バス 約35分)

●お問い合わせ
info@kyoto-illumiere.com
050-3786-3863
受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜18:00 (年末年始を除く)  


Posted by 京つうイベントブログ  at 10:54イベント文化・芸術展覧会ライトアップ

2017年12月01日

連載40周年記念 ガラスの仮面展 2017年12月1日(金)~25日(月) ※会期中無休

2016年に連載40周年を迎えた演劇漫画の金字塔、「ガラスの仮面」。漫画家・美内すずえさんが40年以上にわたって描き続け、いまだに完結していないことから、多くの人がストーリーの続きを待ちわびる不動の人気作品です。
幻の名作「紅天女(くれないてんにょ)」の主役をめぐり、激しい争いを繰り広げる天才少女・北島マヤと、宿命のライバル・姫川亜弓。マヤを陰から支える「紫のバラのひと」大都芸能社長・速水真澄や、伝説の大女優でありマヤの師である月影千草。登場するキャラクターも作品の大きな魅力となり、単行本49巻までの累計発行部数は5,000万部を超えるベストセラーとなっています。
本展では、1976年に連載を開始した当初の貴重な漫画原画を含む、多彩なカラーイラスト、モノクロ原稿で、名シーンを振り返ると共に、舞台化された際の資料など、計400点以上を通して、作品の魅力にあらためて迫ります。
また、2017年が美内すずえさんのデビュー50周年にあたることから、デビューからこれまでに発表した作品を紹介するコーナーも設けます。




●会期2017年12月1日(金)~25日(月) ※会期中無休
●会場美術館「えき」KYOTO(京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7F隣接)
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
●開場時間午前10時~午後8時(入館は閉館の30分前まで)
※ただし、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
●入場料[前売り料金] 一般700円、高・大学生500円、小・中学生300円
[当日料金]  一般900円、高・大学生700円、小・中学生500円
※前売り券は、美術館「えき」KYOTOチケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード768-651)、ローソンチケット(Lコード55922)で11月30日(木)まで販売予定。
●主催美術館「えき」KYOTO、朝日新聞社
●特別協力美内すずえ事務所(プロダクションベルスタジオ)
●協力白泉社
●問い合わせジェイアール京都伊勢丹 TEL:075-352-1111(大代表)  


Posted by 京つうイベントブログ  at 10:44イベント文化・芸術

2017年11月01日

大政奉還150周年記念 アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~ 2017/10/25 ~ 2017/12/11

大政奉還150周年記念 アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~


通常は入場できない夜の時間帯に、一般非公開エリアである二の丸御殿中庭・台所前庭・台所で、そのものが芸術作品というべき美しい水槽に泳ぐ金魚や鯉が、光・音楽・映像などの最新の演出技術が駆使された空間造形の中でより絢爛に観られる“和の世界のアートアクアリウム”と、着物など京都が誇る日本の伝統工芸品を新たな形でアートとして昇華させ、舞の公演や京都の地酒、お抹茶と老舗の京和菓子などとともに味わう壮大な「宴」の世界が出現!

●会場元離宮二条城(二の丸御殿中庭、台所前庭、台所)

●日時2017/10/25(水)~12/11(月) 17:00~22:00(最終入場21:30) *展覧会初日の10/25(水)は、一般入場開始が20:00~

●住所京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

●交通京都市バス二条城前下車、徒歩すぐ

●駐車場あり 有料

●料金一般(中学生以上)1,500円
子ども(4歳以上小学生以下)1,000円
※3歳以下は無料
※小学生以下保護者要同伴

●お問合せ先050-5542-8600(8:00~22:00/開設期間:12/12まで)

●ホームページ
http://artaquarium.jp/  


Posted by 京つうイベントブログ  at 18:32イベント文化・芸術