京つう」はみんなで作る京都ブログマガジンです

2017年09月04日

地獄絵ワンダーランド 2017年9月23日(土・祝)~ 11月12日(日)



約2500年前、釈迦はこの世を生死輪廻りんねが繰り返される”迷い”の世界と見ました。日本では、平安時代に恵心僧都源信が『往生要集』を著したことを契機に、来世のイメージが形成され、地獄や六道の情景を表した美術が発展しました。
 本展は、日本の中世から現代にかけて描かれた地獄絵や、地獄をめぐる多彩な作品を通して、日本人が抱いてきた死生観・他界観の変遷と、その精神史を紹介するものです。とくに近世の作例の中には”たのしい地獄”と形容すべき、素朴でユーモアにあふれた魅力的な地獄絵もあります。本展ではこうした死への恐怖を超越した造形にも注目し、あらためて、日本人にとって「地獄」とはいかなる存在であったかを考えます。

10:00 ~ 17:00
※最終入館受付は16:30まで
入館料

○一般 1,200(1,000)円
○高校・大学生800(600)円
○小・中学生400(300)円
※( )内は20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料

【前売り券取扱い】 8月1日(火)~ 9月22日(金)
ローソンチケット(Lコード:54783)、セブンチケット(店内マルチコピー機)、
近鉄電車主要駅、龍谷ミュージアム受付などで販売。
主催龍谷大学 龍谷ミュージアム、産経新聞社、京都新聞、
NHK京都放送局、NHKプラネット近畿特別協力浄土真宗本願寺派、本山 本願寺
後援京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京  


Posted by 京つうイベントブログ  at 09:58文化・芸術展覧会

2017年08月07日

東アジア文化都市2017京都 アジア回廊「現代美術展」2017/08/19 ~ 2017/10/15



2017/08/19 ~ 2017/10/15

元離宮二条城、京都芸術センターにて東アジア文化都市2017京都 アジア回廊「現代美術展」を開催。

草間彌生や西京人、蔡國強をはじめとする日中韓のアーティスト全25組の展示を世界遺産の二条城、また京都芸術センターで楽しむことができます。


会場元離宮二条城、京都芸術センター
日時2017/8/19(土)~10/15(金) ○二条城会場|8:45~17:00 なお二の丸御殿台所・東南隅櫓は9:00~16:45(最終入城16:00) ※休城日は要問合せ○京都芸術センター会場|10:00~20:00 ※会期中無休
住所元離宮二条城:京都府京都市中京区二条城町541 京都芸術センター:京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2
交通元離宮二条城:地下鉄東西線「二条城前駅」下車
京都芸術センター:地下鉄烏丸線「四条駅」下車、22・24番出口より徒歩5分。
阪急京都線「烏丸駅」22・24 番出口より徒歩5分。
京阪本線「三条駅」から地下鉄東西線に乗り換え「烏丸御池駅」下車、4番出口より徒歩10分。
駐車場元離宮二条城にはあり(120台)
料金有料エリア展示 単独チケット:前売 400円/当日 600円
セットチケット(二条城+有料エリア展示):前売 1,000円/当日1,200円

二条城の入城チケット(通常 600円)で通常エリア展示をご覧いただけます。
また、有料エリア展示(通常非公開の「台所」「東南隅櫓」)をご覧いただくためには、別途有料チケット(前売 400円、当日 600円)が必要です。有料エリア展示を御覧になる場合は、二条城の入城チケットをまとめて購入できる、セットチケット(前売 1,000円、当日 1,200円)が便利です。

●お問合せ先京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2 京都芸術センター内
●東アジア文化都市2017京都:現代美術部門運営委員会
●TEL:075-222-2733 e-mail info@asiacorridor.org
●ホームページ
http://www.asiacorridor.org/index.html


【参加アーティスト】
西京人
中村裕太+谷本研
草間彌生
キムスージャ
堀尾貞治+現場芸術集団「空気」
チェ・ジョンファ
今村源
オ・インファン
中原浩大
ハム・キョンア
三嶋りつ惠
ミックスライス
やなぎみわ
ヒョンギョン
伊藤存
ツァイ・グオチャン(蔡國強)
宮永愛子
ヤン・フードン(楊福東)
花岡伸宏
ルー・ヤン(陸揚)
久門剛史
ヘ・シャンユ(何翔宇)
谷澤紗和子
タオ・フイ(陶輝)
ヒスロム  


Posted by 京つうイベントブログ  at 09:41文化・芸術

2017年07月18日

井上同門定期能七月公演 平成29年7月22日(土)11:00~16:15頃(別途10:45から解説があります)




「井上同門定期能七月公演」


日時:平成29年7月22日(土)11:00~16:15頃(別途10:45から解説があります)

会場:京都観世会館
(京都市左京区東山仁王門東入)
※地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分ほど

演目:能「雨月」「半蔀」「藤戸」・他狂言1番と仕舞2番

料金:前売券3800円
  当日券4000円
   学生券2000円(要学生証)

吉田篤史配役:「藤戸」後見、「雨月」と仕舞の地謡
父、潔司「半蔀」シテ

お問い合わせ、申し込み先:
Tel&Fax、075-932-5066
Mail、mai-monchan@s6.dion.ne.jp(共に吉田方)
※メールやファックスの場合は、件名に「7月22日井上同門定期能」と、
お書き下さり、枚数や送り先をお知らせ下さいませ。
  


Posted by 京つうイベントブログ  at 09:52京都の行事文化・芸術舞台歌舞伎・能楽・伝統芸能

2017年05月02日

ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』


ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』
日本発×日本初のノンバーバル(=言葉に頼らない)パフォーマンス『ギア-GEAR-』。
光や映像と連動したマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングによる迫力のパフォーマンスで感動のストーリーを描くと共に、セリフを使わない “ノンバーバル”という演出により、小さなお子さまから大人まで、そして外国の方までもが、言葉の壁を越えて楽しんでいただけます。
『ギア-GEAR-』は大きさや形、色の異なる歯車が噛み合い、大きなうねりを生み出す日本独特の和の文化である「調和」をテーマとして公演を開始。2016年4月に京都ロングラン5年目に突入、同年7月には100席限定の劇場で観客動員数10万人を突破しました。


月・水・金・土・日・祝 ※5月10日メンテナンス休業
平日 14:00~、19:00~ 土・日・祝 12:00~、17:00~ 
言葉を使わないコンプレックス(=複合)・エンターテイメント。
大人も子どもも国籍も超えて楽しめる、90分100席限定の衝撃体験。
料金
〈前売スタンダードエリア〉 一般 3,700円/学生・60歳以上 2,700円/小中高生 1,700円  


Posted by 京つうイベントブログ  at 13:40文化・芸術舞台

2017年03月02日

京都国立近代美術館 endless 山田正亮の絵画





"描く"ことを自らの人生と一体化させ、美術の潮流から距離をとり、孤独の中で生涯描き続けた画家、山田正亮(やまだ・まさあき 1929-2010)。本展は、ストライプの画面で知られる彼の画業を網羅した、初の本格的回顧展である。5,000点近い作品から選りすぐった主要作200点超を、初公開の制作ノート群とともにご紹介する。

●会場京都国立近代美術館(岡崎公園内)
●日時2017/3/1 (水)~4/9(日) 9:30~17:00  (入館はいずれも閉館の30分前まで)
●住所京都市左京区岡崎円勝寺町
●交通
JR・近鉄~バスをご利用の方
JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
 市バス5番 銀閣寺・岩倉行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
 市バス100番(急行)清水寺・銀閣寺行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
阪急・京阪~バスをご利用の方
阪急「烏丸駅」・「河原町駅」、京阪「三条駅」から
市バス5番 銀閣寺・岩倉行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
阪急「烏丸駅」・「河原町駅」、京阪「祇園四条駅」から
 市バス46番 祇園・平安神宮行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
市バス他系統ご利用の方
 「東山二条・岡崎公園口」下車、徒歩10分 または「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車、徒歩約5分
地下鉄ご利用の方
 地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩約10分
●駐車場会場に駐車場はなし。
岡崎公園駐車場(地下)をご利用の有料入館者は駐車場の割引(1台1名)を受けられますので、駐車券をお持ちの上お越し下さい。
●料金一般 1,000(800)円 大学生 500(400)円 高校生・18歳未満 無料 ( )内は前売り券・20名以上の団体料金 ※本料金でコレクション展もご覧いただけます。 ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料。  (入館の際に証明できるものをご提示ください)
※前売券は、1月12日(木)から2月28日(火)までの期間限定発売。  前売券の主な発売場所:ローソンチケット(Lコード:55217)ほか、  主要プレイガイド、コンビニエンスストアなど  (チケット購入時に手数料がかかる場合があります)
●お問合せ先京都国立近代美術館 075-761-4111
●ホームページ
http://www.momak.go.jp/

備考
毎週月曜日及び3月21日(火)休館
*ただし、3月20日(月)は開館  


Posted by 京つうイベントブログ  at 11:15文化・芸術展覧会