京つう」はみんなで作る京都ブログマガジンです

2017年10月23日

美術館「えき」KYOTO ミュシャ展~運命の女たち~ 2017/10/14 ~ 2017/11/26


10月14日(土)より「ミュシャ展 ~運命の女たち~」開幕
本展は、ミュシャが人気を博すきっかけとなった女優・サラ・ベルナールを始め、若かりし頃に描いた素描のモデルの少女など、ミュシャの生涯を彩った女性たちに焦点を当てた展示となっている。

●会場美術館「えき」KYOTO
●日時2017/10/14(土)~11/26(日) 10:00~20:00 ※入館は閉館の30分前まで。
但し、開館時間は百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。

●住所京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

●交通JR京都駅下車すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接

●駐車場あり(京都駅ビル駐車場1,250台
最初の1時間600円以降20分ごとに200円
ジェイアール京都伊勢丹にて5,000円以上お買い上げのお客さまは2時間無料)
料金一般900円 高・大学生700円 小・中学生500円

※高校生以上の学生のお客さまは学生証のご提示をお願いします。学生証がない場合は一般料金となります。
お問合せ先ジェイアール京都伊勢丹 075‐352-1111(大代表)

●ホームページ
美術館「えき」KYOTO http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/  


Posted by 京つうイベントブログ  at 12:02京都の行事文化・芸術展覧会

2017年10月02日

2017秋の特別展 龍馬と西郷隆盛 2017/9/27(水)~10/29(日)



ことしは慶応3年(1867)10月14日、第15代将軍・徳川慶喜が大政奉還を行ってから150周年。
薩長同盟から大政奉還へ、倒幕への大きな流れをつくった坂本龍馬と西郷隆盛に焦点を当て、その実像に迫ります。
 土方歳三と近藤勇の愛刀も展示。刀剣ファンも必見です。

●会場幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

●日時第1期 2017/9/27(水)~10/29(日)第2期 10/31(火)~12/24(日) 10:00~17:30 (受付は各30分前まで) *11/11(土)~12/3(日)は18:30まで開館(受付18:00まで)

●住所京都市東山区清閑寺霊山町1
交通JR・近鉄・地下鉄「京都駅」より
 市バス206系統「東山安井」または「清水道」下車、徒歩7分
京阪「祇園四条駅」より
 市バス207系統「東山安井」または「清水道」下車、徒歩7分
 または徒歩で東南へ20分
阪急「河原町駅」より
 市バス207系統「東山安井」または「清水道」下車、徒歩7分
 または徒歩で東南へ約25分

●駐車場あり(普通車数台分のみにつき、できるだけ公共の交通機関をご利用ください)

●料金大人700円 高校生400円 小中学生300円
※団体20人以上は各100円引き
※友の会会員は無料(会員証提示)
※クーポン券(http://www.ryozen-museum.or.jp/img/coupon-2012.pdf)または本展チラシ持参の場合は、団体料金で入館できます。

●お問合せ先霊山歴史館
電話075-531-3773 FAX 075-531-3774
e-mail office@ryozen-museum.or.jp

●ホームページ
霊山歴史館 http://www.ryozen-museum.or.jp
補足情報
休館日:月曜日(祝日開館、翌日休館)
*11/11(土)~12/3(日)は開館。12/18(月)は開館。
※開館日等詳細は変更になる場合がありますので、ご来館前にWebサイトや電話でご確認ください。  


Posted by 京つうイベントブログ  at 11:26文化・芸術展覧会

2017年09月04日

地獄絵ワンダーランド 2017年9月23日(土・祝)~ 11月12日(日)



約2500年前、釈迦はこの世を生死輪廻りんねが繰り返される”迷い”の世界と見ました。日本では、平安時代に恵心僧都源信が『往生要集』を著したことを契機に、来世のイメージが形成され、地獄や六道の情景を表した美術が発展しました。
 本展は、日本の中世から現代にかけて描かれた地獄絵や、地獄をめぐる多彩な作品を通して、日本人が抱いてきた死生観・他界観の変遷と、その精神史を紹介するものです。とくに近世の作例の中には”たのしい地獄”と形容すべき、素朴でユーモアにあふれた魅力的な地獄絵もあります。本展ではこうした死への恐怖を超越した造形にも注目し、あらためて、日本人にとって「地獄」とはいかなる存在であったかを考えます。

10:00 ~ 17:00
※最終入館受付は16:30まで
入館料

○一般 1,200(1,000)円
○高校・大学生800(600)円
○小・中学生400(300)円
※( )内は20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料

【前売り券取扱い】 8月1日(火)~ 9月22日(金)
ローソンチケット(Lコード:54783)、セブンチケット(店内マルチコピー機)、
近鉄電車主要駅、龍谷ミュージアム受付などで販売。
主催龍谷大学 龍谷ミュージアム、産経新聞社、京都新聞、
NHK京都放送局、NHKプラネット近畿特別協力浄土真宗本願寺派、本山 本願寺
後援京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京  


Posted by 京つうイベントブログ  at 09:58文化・芸術展覧会

2017年09月04日

京都dddギャラリー第214回企画展 平野甲賀と晶文社展



2017/09/04 ~ 2017/10/24

平野甲賀は1964年から1992年にわたりおよそ30年間、晶文社の本の装丁を一手に担ってきた。ひとりのデザイナーが一社の装丁をすべて手掛けるのは稀なことで、当時のカウンター・カルチャーの旗手でもあった晶文社のスタイルを作り上げ、出版界に旋風を巻き起こしてきた。 本展では平野甲賀が半世紀かけて7000冊以上手がけた装丁作品の中から晶文社の装丁本を中心に約600冊展示。 また今春大変好評を博した台湾台中市での展覧作品の描き文字と、もうひとつの活動である舞台やコンサートのちらしやポスターを手直しし、作品上のメモまで書きつけ和紙に刷り出した作品およそ80点もご覧いただく。 ギャラリーが古書店であるかのように、お客様に装丁本を手に取ってもらえるので、本と出版と時代と装丁家の密月な関係にぜひ思いを馳せて欲しい。

●会場京都dddギャラリー

●日時2017/9/4(月)~10/24(火)11:00~19:00(土曜・10/1(日)は18:00まで) 日曜・祝日休館 ※10/1(日)は特別開館

●住所京都府京都市右京区太秦上刑部町10

●交通地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
嵐電嵐山本線 嵐電天神川駅 徒歩5分
市バス・京都バス 太秦天神川駅前下車

●駐車場なし

●料金入場無料

●お問合せ先TEL:075-871-1480 FAX:075-871-1267
ホームページ
http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/  


Posted by 京つうイベントブログ  at 09:49展覧会

2017年08月01日

蔵に残るアンティークきもの展 8月18日(金)~8月31日(木)

蔵に残るアンティークきもの展


●開催時間・営業時間10時~17時
●料金
●入場料 1,000円(税別)
●備考要予約
●お問い合わせ西陣くらしの美術館 冨田屋
〒602-8226
京都市上京区大宮通一条上ル

 電話番号: 075-432-6701
 FAX番号: 075-432-6702  


Posted by 京つうイベントブログ  at 11:11展覧会ファッション